公認会計士・税理士の資格、業務を解説する情報サイト

会計士・税理士だけが行える専門業務

公認会計士の独占業務とは?

公認会計士の独占業務として有名なのが「監査業務」です。
一般に「監査」とは、会計報告書や決算報告書などの企業の財務書類に不正があるか否かを精査することを指しますが、実際の公認会計士は監査した財務書類が適正であることを立証する業務も独占して行うことができます。

監査業務は、主に法定監査と任意監査の二つに分かれます。
法定監査とは、国税通則法や所得税法において調書を提出する義務があると規定されている者が調書を適切に提出しているかを確認するための監査を指します。
これに対して任意監査とは、利害関係にある第三者の要請に応じて行われる監査のことです。
具体的には、企業の合併や買収のために先立って行われる監査、取引や融資において相手方の信頼性を調査するための監査、財務書類の信憑性を高めるための監査が、任意監査の代表例として扱われます。

税理士が扱える独占業務

税理士の独占業務は、「税務代理」「税務書類作成」「税務相談」の三つに分けられます。

税務代理とは、法人や個人の税に関する申告や申請、請求、不服申し立てを代理で行うことを指します。
具体的には、所得税や法人税の納税申告、納税猶予の申請、税務署の決定に対する異議申し立てなどの行為を代行することができます。
税務書類の作成とは、企業の経営状態、財務状態にかかわる決算書を作成することを指します。
貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書などの書類が、主に税務書類として認められています。
税務相談とは、税に関する疑問点や不明な点について相談に応じることを指します。
実際には、各税務署や税理士会が、無料の相談会を開き、確定申告や相続税、贈与税などの疑問についての解決を行っています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP