公認会計士・税理士の資格、業務を解説する情報サイト

会計士・税理士がそれぞれよく行う業務

会計から経営の企画まで!公認会計士の仕事

監査の業務において幅広い知識を有する公認会計士は、その知識を活かして企業のアドバイザリーやコンサルティングの業務を行うことがあります。
具体的には会計や組織再編、財務調査に株式公開、上場などの助言や支援を行います。
場合によっては中小監査法人に転職し、ベンチャー企業を顧客としてアドバイザリー業務に携わることも可能です。

また、上場企業に転職し、資金の調達や運用、経営企画や内部監査などの仕事を扱う道もあります。
公認会計士にとって自らのノウハウを活かすことができるのはもちろんのこと、企業側にとっても監査のスペシャリストに監査対応などの準備をしてもらえるため、両者のメリットは非常に大きいです。
このため、最近人気になりつつあるキャリアの選択肢であると言えます。

中小企業の味方!税理士の仕事

税理士は、中小企業のクライアントが多いという性質上、経営者の次に企業の内実を理解している存在として注目されています。
例えば独占業務である税務相談においても、相談内容は多岐に及び、会計や税務に関する問題だけでなく、労務関係、株式の相続・贈与、後継者問題などの幅広い問題について相談を受けることになります。
このため、会社内の問題に対して必要な情報を即時に提供したり、適切な弁護士や専門家を紹介したりするなどの強みを持っています。

また、大手の税理士法人に所属している税理士の中には、海外の子会社・支店などを拠点として国際的に活動している者も存在します。
さらに各都道府県、政令指定都市などに義務付けられている外部監査において、外部監査人として税理士が選任される場合もあります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP