公認会計士・税理士の資格、業務を解説する情報サイト

税理士や会計士はどんな仕事内容なのか

会計士・税理士の資格を得るまで

皆さんは、会計士や税理士の職務について、どれくらいご存知ですか?
「ニュースや新聞で聞いたことはあるけれど、何をしているのかがわからない」
「職務の用語は知っているけれど、意味が漠然としていて判然としない」
「会計士と税理士は似たような業務をしている印象があり、違いがわからない」
このような考えを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本では、会計士(公認会計士)と税理士のどちらも法律で定められた国家資格であり、国内の企業運営や、経済活動をより公正に、かつ円滑に行うために必要不可欠な存在です。
これらの職業が成り立たないと、不正な会計を提出する企業が増加したり、企業間の公正な取引が成立しなくなったり、企業の倒産が増加したりするなどの弊害が生じる恐れもあります。
そこで、公認会計士や税理士について、その具体的な職務内容を十分に理解しておくことで、会社内での問題について適切に解決することができるようになります。
さらに、公認会計士と税理士の間には、資格を得る方法から業務の内容に至るまで、多くの違いがあります。
公認会計士にも税理士にも、その職種が独占して扱うことのできる業務が存在し、それぞれが異なった専門分野を持っています。
これらの違いも理解することによって経営時に起こるトラブルにたいして迅速な対応をすることができます。

本サイトでは、公認会計士と税理士の資格や得意とする業務について、両者の違いにふれながら詳しく解説していきます。

会計士と税理士には、どんな違いがある?

公認会計士も税理士も、国家試験に合格し一定の実務経験をこなすことで初めてなることのできる職種です。 しかし、両者の間には国家試験の受験資格や試験内容、試験の合格率などの、資格を得るまでの過程においていくつかの違いがあります。 会計士と税理士の資格の違いについて紹介します。

会計士・税理士だけが行える専門業務

法律により、公認会計士と税理士はそれぞれ資格を持っている人だけが行うことができる仕事があります。 公認会計士の場合は企業の財務書類に対する監査を、税理士の場合は税務に関する代行、書類の作成、相談を独占的に取り扱っています。 両者の業務内容を詳しく解説します。

会計士・税理士がそれぞれよく行う業務

公認会計士や税理士の仕事は、独占業務だけにとどまりません。 企業の運営方針や財務処理に関する助言を行う場合もあれば、企業に転職し直接高度な知識を活かす場合もあります。中には日本を越えてグローバルに活躍する者も。 独占業務以外に両者が頻繁に取り扱う業務について紹介します。

おすすめリンク

M&Aに強いコンサル会社

会社の経営相談に重要なのがコンサルです。M&Aに強いコンサルをピックアップしました!

TOP